yohaku×うなぎの寝床×nuComfie 備後節織の服を作りました 第2回:ワンピース

日本製の着心地のよい服の作り手とnuComfieが備後節織で服を作った誌上通販企画。
第2回は、yohaku×nuComfieコラボのワンピースのご紹介です。

こちらもyohakuさんのアイテムの中で、長きに渡って愛され続けているワンピース。
生地や染めを変えてリピートで製品化されている人気の高い商品です。
このワンピースを、今シーズンはnuComfieと一緒に備後節織の生地で作ってくれました。

選んだ生地は、二重弁慶と藍染めの2種類。
弁慶というまたもや可愛らしいネーミングは、“歯切れのいい男らしい柄”という意味のある「弁慶格子」という伝統的な格子柄の織物によく名づけられているそう。歌舞伎の衣装などにもみられる柄なのだとか。

こちらが、二重弁慶。
a0124105_1642890.jpg

備後節織の生地は、伝統的な柄でありながら、現代に通じるモダンな印象であることも魅力の一つ。
ベーシックで可愛い、普段の着こなしにも取り入れやすい素敵なチェック柄ですよね。
生成りの糸と藍染めの糸が織りなすチェックというのも、なかなか贅沢なポイントです。


こちらが、藍染め。
a0124105_16424188.jpg

中紺という、優しい中間色に染めた藍色は肌なじみもよく、夏は爽やかに着こなせるカラー。
ベーシックな藍染めのワンピースは、いつかは欲しい人気のアイテムですが、日本の職人さんが糸から染色し、旧式のシャトル織機で織られる藍染め生地のアイテムで1万円台半ばの価格はなかなかお値打ちなのではないでしょうか。


今回のワンピースは、袖なしのタンクトップタイプ。
カーディガンなどを羽織っても、袖部分がかさばらないので重ね着にも便利です。
前見頃のポケットがアクセントで、一枚で着ても素敵。
定番の形よりも若干襟ぐりを詰めて、一枚でも着やすいように工夫もされています。
着丈は99㎝。モデルさんの身長は167㎝ですので、丈感もご参考ください。
生地感は中厚でほどよく、オールシーズンで活躍しそう。
秋冬はニットなどを重ねて、スカート風に着たりしても可愛いですね。
yohaku×nuComfieコラボのワンピース、iichiの通販サイトで限定数を販売中です。
ぜひ、チェックしてみてくださいね。


◎ご購入はこちらから
iichi(いいち)
http://www.iichi.com/gallery-shop/nucomfie

iichi内特集記事 『nuComfie』×作り手企画「備後節織」から服ができるまで
http://www.iichi.com/blog/2015/05/nucomfie_collaboration


◎vol.27最新号のご購入はこちらから
交通タイムス社 nuComfie公式ホームページ
https://www.kotsu-times.jp/nucomfie/


※次回は、うなぎの寝床×nuComfieコラボのもんぺについてご紹介します。


yohaku
http://yohaku.me/

うなぎの寝床
http://unagino-nedoko.net/
[PR]
by comfie_comfie | 2015-06-01 16:46
<< yohaku×うなぎの寝床×n... yohaku×うなぎの寝床×n... >>