「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

cream juice...

a0124105_9225761.jpg

ロケハン中に休憩した喫茶店にて。

メニューをみると、「クリームジュース」とあります。
すかさず「クリームジュースって何ですか?」と訊ねると、
お店の方曰く「ミックスジュースにバニラアイスを混ぜてあります」
とのこと。

関東ではそこまでメジャーではないものの、
関西圏では王道のミックスジュース!

思えば、学生時代に大阪出身の友だちが、
「スペシャルなミックスジュース飲ませたる!」と言って、
ミキサーで自家製ミックスジュースを作ってくれたものでした。
仕上げには「これでカロリーがぐっと高くなるねん。太れ、太れ〜」
と悪魔のささやきで、
バニラアイスを落としていた記憶が・・・わー、懐かしい。
ということで、早速頼んでみました。
a0124105_9223552.jpg

(クリームジュースの向こうでミルクティーを飲んでいるのは
編集部のカメ子です)

クリームジュース、うまーっ♪

それにしても。ミックスジュース的なものを飲むと、
子どもに返ったような気持ちになるのは、
あの歌のせい?

「ともだちなかよし うたごえと
スカッとはれた おおぞらと
それにけんかのべそっかき
みんなミキサーにぶちこんで

ひるはミックスジュース
ミックスジュース ミックスジュース
こいつをググっとのみほせば
なんでもかんでもいいちょうし」

『おかあさんといっしょ』で今でも歌われている名曲、
「ぼくのミックスジュース」です。
いま調べて初めて知ったんですけど、作詞は絵本作家の五味太郎さん、
作曲はピアニストの渋谷毅さんという豪華なコンビが作ってるんですね。
口ずさめば、思わず元気が出る歌です。

vol.5制作の追い込み期と、自宅の引越し作業のダブルブッキングで、
いまだかつてなくテンパっている編集Tでした。
[PR]
by comfie_comfie | 2009-10-29 09:53

長谷川等伯大回顧展

a0124105_10174210.jpg

帰り道に駅の売店で見かけた、長谷川等伯展のチケット販売ポスター。

安土桃山時代に活躍した画家、長谷川等伯の没後400年を
記念する大回顧展だそうです。
当時、画壇に君臨していた狩野派に一人で挑んでいった
彼の孤独と情熱が昇華された画は、
素晴らしいの一言に尽きます。

来年2月から、東京の国立博物館で開催されるので、
(東京の後、京都でも開催されます)
ぜひ足を運びたいと思います。

お得なペア券、たしかにかなーりお得ですね。
12月23日までの発売だそうなので、忘れずに購入しないと...。
でもペア券て?・・・わたし、誰と行くんだっつーの!

それはともかく。
「沁みる。」とは、ずいぶん大胆なキャッチです。
ただ『松林図屏風』には、まさしく言い得て妙、
ぴったりの言葉だと思います。
[PR]
by comfie_comfie | 2009-10-28 10:52

心地よい空間...

a0124105_12563595.jpg

いつもお世話になっているTRIPさんの東京事務所の風景です。
次号の企画『冬の重ね着コーディネート』の取材で伺いました。

本がたくさんあって、光と風の通りがよくて、何とも心地よい空間です。
空間の心地よさは、インテリアの素敵さだけでなく、
この方が守っていらっしゃるからかもしれません。
a0124105_1365354.jpg

ビリケンさんの飄々としていてキュートな雰囲気・・・
TRIP社長の松元さんと少し似ているような気がしています。

TRIPの皆さま、いつもありがとうございます。
[PR]
by comfie_comfie | 2009-10-26 13:27

座右の漫画【サムライカアサン】

a0124105_9571752.jpg

集英社刊『コーラス』に連載のサムライカアサン、
第6巻(集英社)が発売になりました。

地下鉄で読んでいて、「ぶっ」とふきだしたり、
涙をこらえてたら鼻水がズズーと出てきたり。。。
私的には、公共の場で読むとタイヘンなことになってしまう、
笑って泣けるマンガNo.1であり、
どーんと凹んだとき、くじけそうなときには
いつも読む座右の書です。
女性だけでなく、男性でも読める作品だと思います。

今回もオカン最高です!
第1〜5巻を読まずとも、とりあえず第6巻だけでも楽しめるので、
ぜひ!!!

『サムライカアサン 六』 板羽 皆 
集英社 コーラスクィーンズコミックス
(雑誌44545-62)
[PR]
by comfie_comfie | 2009-10-24 10:20

編集部生存報告...

みなさま、おはようございます。今日もスガスガしい朝です。

Comfie vol.5の編集作業が佳境に入っているため、
ブログの更新がめっきり途絶えていて恐縮です......。

次号では、今までのComfieテイストはそのままに、
少しだけリニューアルします。
前号でリニューアルを告知したところ、読者の方々から
「今のままのComfieが好きです。変えないでください」
「リニューアルと聞いて不安でいます。このままがいいです」
というおはがきを何通も頂戴しました。

こんなおはがきをいただけるなんて、本当に、本当にありがたいことです。
編集部一同、
「Comfieを好きでいてくださって、ありがとうございます!!」
という気持ちでいっぱいです。

Comfieは、毎号冒頭のページで謳っているように、
「着ごこちのよい、ナチュラルな服を
自分らしく着こなしたい、
そんな大人の女性のための『おしゃれ案内ブック』」
です。

今回のリニューアルは、その気持ちを大切にしながら、
ショップと読者の方をつなぐ、より身近で、よりお役に立てる
『おしゃれ案内ブック』となるように......と考えました。

あいかわらず景気は低空飛行で、洋服も買い控えモードかもしれません。
それでも、「やっぱり、おしゃれって楽しいよね♪」と笑顔になれるような、
そんな「着ることの楽しみ」を、Comfieはお伝えしたい。
「長く着られるように...」という気持ちを込めて
物づくりをしているメーカーさんや、
そんなアイテムを紹介しているショップの方々、
そして大切に物選びをして、おしゃれを楽しみたい読者の皆さん・・・
その間をとりもつよき仲人となるべく、
これからも精進していきたいと思います。

只今Comfie vol.5を鋭意製作中の編集部より、
今朝は真面目に真摯に編集Tがお伝えしました。
[PR]
by comfie_comfie | 2009-10-22 07:25

color,color,color...PART2

a0124105_10354932.jpg

定番色のアウターのアクセントに使いたいなぁと思っている
カラフルなニット帽たち。

いつもは苦手なカラフルなアイテムも、冬の小物なら取り入れやすい
ような気がしています。

どうにもカラフルが止まらない編集Tの冬支度をお届けしました。
[PR]
by comfie_comfie | 2009-10-13 10:41

出張買い物日記【その2】

a0124105_2104643.jpg

マイBRU NA BOINNE、3品めはピンバッヂ。
この葉巻をくわえたボス、めっちゃ人相悪いっす。
そんな毒っぽさが気に入って購入したものの、
こういうアイテムは、“大人の男のユーモア”として付けるからこそ、
その茶目っ気が映えるなのかな...と思って、
誰か似合う人がいればゆずろうかと考え中です。

ところで、話は全然変わりますが。
先日、脳科学者の茂木健一郎さんのブログを見ていたら、
「誰にでも、「欠落」というものが
あって、それに対する態度が
人生をつくるんだなあ、と思った。」
という一節がありました。
ちょうど自分に足りない部分に、どうやってアプローチしようかと
考えあぐねていたときだったので、
はっとするやら、あ、そういうことか...と思うやら、
よしっと元気が出るやら(笑)。

こういうことは、わりとよくあります。
この夏もうじうじと悩んでいた時期に、たまたま手にとった
メッセージTシャツが気になって、
スタッフの方に意味を訊ねたところ、
「フランス語で『我が道を行け』という意味です」とのこと。
偶然にしては出来すぎな答えだよ~と、思わず一人苦笑。

気づくも気づかないも、信じるも信じないも、
結局はその人次第なのでしょうが、
今までの経験上、
こういう偶然は大切にしないとバチが当たる
と私は思っています。

以上、編集Tがお送りしました。
[PR]
by comfie_comfie | 2009-10-11 22:14

くいしん坊万才! なハンバーガー

a0124105_17271685.jpg

最近、平日と休日のココロのモードチェンジが、
だんだん曖昧になってきている編集Tです。
頭脳+肉体労働の平日と、ひたすら肉体労働の休日と、
ときどき「どっちでもええわい」と思ったりします。
なんかこう、ココロもカラダもまーーーったり、ぼけーーーっと
何もしなくていい休日がほしいです、はい。
あ、もしかして私、やさぐれてますかね。
(え、見事にやさぐれてるって??)

先週の日曜日は、駒沢公園近く(国立医療センター前)の
AS CLASSICS DINERでチーズバーガーをテイクアウトし、
駒沢公園でピクニックランチ・・・と、
言葉にすると一見優雅な休日のような気もしますが、
ゆっくりランチを味わう間もほとんどなく、
やれ「自転車の練習するー」だの「かくれんぼおにごっこするー」だの、
体力勝負の休日となりました。

さて。AS CLASSICS DINERのハンバーガーは、
つなぎナシの牛肉100%パテで、肉! 肉!ジューシー♪
な食感がたまりません。おいしー♪
以前、駒沢公園で食べている人を見かけ、
見た目からしておいしそうなラブリーハンバーガーだったので、
思わず「すみません、それどこのお店ですか?」と声をかけ、
見知らぬ人からお店の場所を教えてもらったのでした。
(どんだけ食い意地がはっているんだか・・・汗)

店内も、ほどよくおしゃれでリラックスした
アメリカンダイナーな雰囲気でいいかんじ。
ただ、かなり大口を開けてばくーっと食べること必至なので、
初めてのデートにはオススメできないかもしれませんね・・・。
[PR]
by comfie_comfie | 2009-10-07 18:17

color,color,color...

こんにちは、編集Tです。

秋の初めに購入したパープルのスニーカーからはじまり、
最近、カラフルなモノに惹かれています。
いままではモノトーンとまではいかないものの、
ベージュやブルー、ネイビー、カーキなど定番色が好きで、
あまり色みのないワードローブばかり。。。
自分でも、どういう心境の変化なのかわかりません。

とはいえ、着るモノを考えるときに、一番のキメ手は“気分”!

いまの気分に素直に従って選んだのが...
a0124105_14211468.jpg

アメリカはヴァーモント州にあるソックスメーカー、
solmate socks(ソルメイト・ソックス)の靴下です。
(手前のピンク系が「CARNATION(カーネーション)」で、
奥のオレンジ系が「DAFFODIL(ダフォディール。ラッパ水仙のこと)」
と、花の名前が付いているのもかわいらしい。。。)

ヴァーモントは、アメリカ北東部のニューイングランド地方にある、
自然豊かな州です。
その美しい風景は、ジャズのスタンダードソング『Moonlight in Vermont』
として歌い継がれています。
(決してラブソングではないのにロマンチックな歌なので、
ぜひ一度聴いてみてください♪
個人的には、エラ・フィッツジェラルドとルイ・アームストロングが共演した
『Ella&Louis』収録のものがおすすめかと。)

そんなヴァーモントの自然が織りなす、さまざまな色に
インスピレーションを受けたカラフル・ソックス。
左右で、ちょっぴり色使いが違うのもご愛嬌。。。
リサイクルコットンを使い、たっぷり厚手に編まれており、
機能、実用ともに頼もしいです。
長ーく履けそうですね。
ロールアップしたデニムからチラリとのぞかせたり、
アウトドア系ブーツ&ショートブーツと組み合わせたり、
着こなしの主役にも、味にもなるラブリーな一足です。
[PR]
by comfie_comfie | 2009-10-06 14:34

出張買い物日記【番外編】

カメラマンNさんが頼んだのは、シロップをペリエで割るベリーソーダ。
さり気なくペリエのヴィンテージグラスで供されて、
カフェ店主のこだわりを感じました。
a0124105_17495981.jpg


ちなみに。
こちらのカフェは、11月26日(木)発売予定のComfie vol.5にて
ご紹介予定です。どうぞお楽しみに♪
[PR]
by comfie_comfie | 2009-10-02 18:02