<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

取材先で・・・。

こんばんは。
8月下旬発売予定のvol.12号の取材撮影も一段落し、いよいよ編集作業に大詰めの編集部です。
今回も全国各地を飛び回った各スタッフですが、こちらはそんな取材先で撮影した1枚。
栃木県・益子での取材中に、偶然ばったり、靴作家の曽田耕さんにお会いしました。
尊敬する益子の作家さん・KINTAさんの個展にいらっしゃったそうです。
隣でシャボン玉をふいているのは曽田さんの愛息・柑くんです。
この写真を撮影後、曽田さんはモヒカンにしてくるとstarnetさんの美容室にカットしに向かわれました。
a0124105_21111260.jpg

そんな曽田耕さんの靴づくりをインタビューしたnuComfie vol.11号は絶賛発売中です。
一枚革でつくられる人気かばん「φ24カゴができるまで」のレポートも誌上初公開で掲載していますのでぜひご覧ください。
そして曽田さんをはじめとした靴作家さん4人による大展覧会「くつくつくつく2」が8/6(土)〜8(月)に勝どきのTHE NATURAL SHOE STOREで行われます。
私R子も、ぜひ足を運びたい(絶賛校了中ですが・・・)と切に願っております。

さてさて、現在制作中のvol.12号はnuComfie3周年の記念号。
スペシャル企画を盛りだくさんでお届けします。
楽しみにお待ち下さい。
[PR]
by comfie_comfie | 2011-07-28 21:12

東京タワー♡

a0124105_13343459.jpg

エッフェル塔がどんなに素敵でも、スカイツリーがどんなに騒がれても、
やはり東京タワーが好きなのです。

仕事を終えて家に帰る道すがら、
東京タワーが一瞬チラリと見える場所があります。
そこで東京タワーを拝んで、今日も一日がんばった自分におつかれさま、
というのが、私のウィークデイの習慣です。

ちなみに。
東京タワーのイルミネーションは、
夏と冬で色が違うってご存知ですか?
夏はすっきり白色系、冬は温かみのあるオレンジ系です。
それぞれ季節に合わせた色のライトに衣替えするのだそう。
なお、プロモーションやキャンペーンに合わせて
スペシャルなライトアップで彩られることもあります。
毎年行われている有名なものでいえば、
10月1日には乳がん早期発見啓発キャンペーンでピンクに、
11月14日には世界糖尿病デーでブルーにライトアップされています。

わたしも一度、たまたま高速を車で走っているときに、
間近でブルーに輝く東京タワーを見たことがあるのですが、
とてもファンタスティックできれいでした。
東京らしくて特別な夜景、機会があればぜひ一度見てみてください。
[PR]
by comfie_comfie | 2011-07-27 14:22

締め切りまでカウントダウンなのです。

a0124105_12472557.jpg

次号発売に向けて絶賛作業中の編集部。

「会社には、お仕事好きの小人さんがいてね、
夜眠る前にお願いしておくと、朝起きる頃には、
レイアウトもテキストも、ぜーんぶ仕上がっているんだよ」

ときどき、そんな夢のようなコトをつぶやきながら、
遥か彼方まで現実逃避しはじめるのが(痛)、
ちょうど今頃からです。

これまでも数々の締め切りを乗りきってきたわけですが、
毎度毎度思うのです。

締め切りコワイ・・・

でも、締め切りがあるからこそ、本が出来上がり、
読者の方々に手にとっていただけるわけで、

ある意味、

締め切りステキ・・・

でもあるわけですね。

次号は3周年記念号。
とっても手前味噌なお話ですが。
一冊まるごとオモシロく仕上がる予感です。
そして特別付録は、間違いなくかわいい逸品です!
そんなnuComfie vol.12は、来月8月26日(金)発売予定☆

読者の皆さまによろこんでいただける一冊をつくることが、
編集部一人ひとりのココロを希望で照らし、
締め切り前の怒濤の日々を乗り越えるエンジンになります。
今回も、ラストスパートがんばります。
[PR]
by comfie_comfie | 2011-07-21 13:16

Le Tour de France

a0124105_1248154.jpg

フランスでは今、「ツール・ド・フランス」が開催中。
7月2日にスタートして24日最終日までの3週間、
各チームそして選手たちは、フランス各地全21ステージ
約3430kmを走りながら、熱い戦いを繰り広げます。

ツール・ド・フランスは、
1903年から行われている歴史ある自転車レースで、
イタリアで開催されるジロ・デ・イタリア、
スペインで開催されるブエルタ・ア・エスパーニャとともに
一般にグランツールといわれ、
ロードレースの最高峰として知られています。

レースはもちろんですが、風光明媚なフランス各地の風景も見物。
第1ステージ、スタート地点のパサージュ・デュ・ゴワや
(干潮時にだけ海から姿を表す、島と本土を結ぶ海中道)
第3ステージで通過したサンナゼール橋
(ロワール川河口にかかる全長3356mという大きな橋)
をはじめ、なかなか見る機会の少ないフランスの名所を
見ることができるのは、
レース観戦のお楽しみのひとつではないかと思います。

ちなみに、今日中継される第6ステージは、
ブルターニュからノルマンディーへ向かう
今大会もっとも長いコースだそうです。
しかも通過する名所は、モン・サン・ミッシェル!
初めてロードレース観戦する方も、おもしろいかもしれません。


ちなみに。画像は、アヴィニョンからパリに向かうTGVから
撮影した風景なのですが、、、
ツール・ド・フランス、見どころの名所が多いとはいえ、
さすがは農業大国だけあり、
ほとんどの風景はこんなのどかな田園風景だったりします。
[PR]
by comfie_comfie | 2011-07-07 14:21