はじめまして!!

こんにちは。
初登場の編集R子です。先月から「nuComfie」に加わりました〜。
今後ともどうぞよろしくお願い致しマスm(_ _)m
さて、今回は私R子が編集部に入る直前、GWに行ったベトナム旅行のレポートを。

ベトナム中部の古都フエから、歴史あるホイアンなど世界遺産の街を廻った今回の旅。
なかでもご紹介したいのは、ホイアンから車で1時間半+送迎ボートで20分ほどのリゾート、タムハイ島です。
タムハイ島は、ひとことで言うと椰子の木に囲まれた静かな漁業の島。
送迎ボートを降り立つと
こんな風景が待ってました。
a0124105_2346625.jpg

島内の宿泊施設は「ル・ドメーヌ・ド・タムハイ」というリゾートホテルのみで、フランス人のご家族が経営しているそうです。
エントランスやレセプションはなく、海沿いにさりげない雰囲気でレストランバー、プール、12棟の客室ヴィラが建っています。
客室以外の敷地内は一面が白砂で、従業員さんは裸足で歩いてました。
a0124105_23482118.jpg

ヴィラからの海の眺めはこんな感じ。
a0124105_23495564.jpg

私R子が、ベトナムを旅するときの楽しみのひとつ。
それは・・・卵を食べること。
ベトナムの卵は野性味あふれ濃厚な味なのです。
これは「ル・ドメーヌ・ド・タムハイ」の朝食で出てきた目玉焼き。
シンプルですが、醤油に似たヌクマムをかけると新鮮な卵の風味が引き立ち美味でした。
a0124105_235037100.jpg

タムハイ島にはこれといった観光施設もなく、村の中心に行っても観光客向けの店は皆無・・・。
風が吹けば椰子の葉が揺れ、どこからか鳥のさえずりが聴こえ、沖に向かう漁船の小さなエンジン音が遠くから響いてきます。
そんななかでのんびりと、かなりボーーーっと過ごしてしまったR子でした。
ベトナム旅行といえば可愛い雑貨屋さんめぐりや美食ツアーなどもとっても魅力ですが、何もないところでのんびり過ごすのがスキというものぐさ(?)な人にはおススメしたいリゾートです。
[PR]
by comfie_comfie | 2010-06-21 11:00
<< ココロのガソリン... 日々の美しきもの@谷中の路地裏 >>