change...

今年、仕事初めの年頭挨拶できっと頻出したのではないかと思います、
「change」という単語。
正直、昨年で聞き飽きた感もありますが、
こう世の中がじわーっと閉塞感で満ちていると、
つい使いたくなるのかもしれません。

私も、このお正月休みを利用して「change」したものがあります。
それがこちら↓
a0124105_16133768.jpg

画像が悪くてすみません・・・汗。
昨年、Bshop kitchen&gardenで購入したSteven Alanのシャツです。
前立ての部分がねじれていたり、ちょっとおもしろいシャツなのですが、
ボタンが貝ではなく、蛍光灯のような青白いプラスチックで、
(アメリカの洗濯機でネットに入れず、がんがん洗うなら
丈夫なプラスチックボタンがよいのかもしれませんが・・・)
何となく違和感を感じているとポロッとこぼしたところ、
編集部のビリケンさまことMさんが、貝ボタンを送ってくださいました。
ありがとうございます!

そして、久々にのんびりとした時間を満喫していたお正月、
プラスチックボタンから貝ボタンにchange!
ボタン自体は小さいですが、やはりシャツ全体の雰囲気が変わります。
アメリカのラフなカジュアルさに、シックでちょっぴり端正な味わいが
プラスされて、いい感じに仕上がりました。
何よりもシャツを着る私の気分が変わるんですよ〜。
お裁縫は大の苦手の私ですが、がんばった甲斐がありました。
いやー、ディテールの大切さを実感!
あ、そういえば、一日に実家で母のお裁縫箱をガサゴソしていたら、
「お正月一日から針仕事をするものじゃない」と言われました。
ちくちく針仕事をすることが多かった昔の人が、
「お正月ぐらいは休みなさい」的に言った縁起担ぎというか知恵?
というわけで、一日はやめて翌日二日に作業したのでした。
いろいろ学びのあるお正月でした。

以上、シャツのボタン替えで小さく「change」した編集Tがお送りしました。
[PR]
by comfie_comfie | 2010-01-07 18:10
<< 出張雑記【なにわ観光編】 謹賀新年 >>